ニュース

【2023最新】中国コロナの現状!真実を隠して世界が終焉!?

中国コロナの現状について、2023年最新の情報をお届けします。

日本では「中国が感染爆発」と取り上げられていますが、中国は「感染拡大はない」との声明を出しています。

真実は一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク

【2023最新】中国コロナの現状!

中国は2023年1月8日に「ゼロコロナ」政策を終了させました。

つまりどういうことかと言うと、これまで徹底してきたコロナ対策を大幅に緩和することになります。

具体的には、次の通りです。

  • 入国後のPCR検査はしない
  • 入国後の隔離措置を撤廃
  • 患者の強制的な隔離措置を撤廃
  • 感染集中地域の封鎖はしない
  • 濃厚接触者の特定はしない

これらは「予防措置」になりますが、今後は「治療」に重点をおくようです。

ワクチン接種の推進や医療体制の充実などを通じてコロナと上手く共存しようと考えているのかもしれません。

中国コロナの真実とは

ゼロコロナ政策が終了ということは中国は安全な国になったのでしょうか?

そこで、コロナ感染による死者数を調べてみると1月6日の中国の発表では、わずか3人という数字でした。

しかし、この数字は偽りだと言われています。

実際のところ、専門家の推計によれば、1月4日には1万1000人が亡くなっていると英国誌は報じています。

また、これまでに6億人が感染している可能性があるそうです。

国連の人口統計では、中国の人口は2022年7月時点で14億2600万人。

約半数の国民が感染したことになります。

では、なぜこのような違いがあるのでしょうか。

これにはコロナ感染が原因となって亡くなる人の計上の仕方に違いがあるそう。

といっても若干の誤差ならわかりますが、3人と1万1000人には違いがありすぎますね。

ちなみに、中国のある病院では『死因を「新型コロナ」以外に変更するように言われた』と告発する医師も出てきています。

世界が終焉する未来

-ニュース