ニュース 事件

【死因】小川雅朝(ハウル)は自殺?病気との噂も!まさか消された?

ハウルこと小川雅朝(おがわ まさとも)さんが、2022年11月15日に東京拘置所内で亡くなりました。

突然のことにネットでは自殺・病気・消されたなど噂されています。

死因は一体何なのでしょうか?

スポンサーリンク

ニュースの概要

東京・歌舞伎町で知り合った少女にみだらな行為をしたとして、小川雅朝(通称トー横のハウル)が2022年6月22日に逮捕されました。

罪状は東京都青少年健全育成条例違反となっています。

ハウルはボランティアとして家出した少年少女に炊き出しを提供したり、新宿の清掃をするボランティア団体です。

しかし、家出中の16歳の少女に18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして逮捕されました。

初公判は2022年11月22日に控えていましたが、11月15日に東京拘置所で死亡したと公表されました。

【死因】小川雅朝(ハウル)は自殺?

報道では死因について触れられておらず、

東京拘置所内の部屋で体調が急変し、その後死亡

という情報しか公表されていません。

急変ということは、先ず「自殺」ということが頭に浮かびますね。

東京拘置所内で自殺した事例は過去にいくつかあります。

・2002年6月30日、独居房でぞうきんを飲み込んで窒息。

・2013年5月10日、独居房で輪ゴム11本を二重にして首に巻き窒息。

・2020年1月26日、単独室の布団の中で首から出血していた。

ハウルが亡くなっていた状況が気になるところです。

スポンサーリンク

【死因】小川雅朝(ハウル)は病気との噂も!

「ハウルが梅毒を患っているのでは?」とネットで噂になっていました。

梅毒は性感染症で、2022年の患者は1万人にのぼります。

近年、患者数が急増しており、歯止めがかからないことが懸念されています。

不特定多数の人と性交渉することによって広がっていることが要因の一つですが、ハウルが逮捕されたのが「みだらな行為」ということで梅毒が噂されているようです。

梅毒は治療をしないでいると無症状のまま進行し、心血管や神経に異常が現れることもあるようで、重篤な状態に陥る可能性があります。

【死因】小川雅朝(ハウル)は消された?

プチエンジェル事件は2003年、東京都赤坂にあるウィークリーマンションの一室で起きた事件です。

犯人が経営していた違法な児童買春デートクラブが摘発されています。

事件の概要はこちら↓

女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。

出典:wikipedia

ハウルも裏ビジネスとして金銭を得ていたのでしょうか。

噂では、顧客に上級国民がいたため証拠が出ないように消されたというものですが…。

スポンサーリンク

世間の声

まとめ

今回は小川雅朝(ハウル)の死因について記事をまとめました。

真相がわかり次第、追記していきます。

スポンサーリンク

-ニュース, 事件